スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく老健へ

またまたご無沙汰しました。

実家の母は先週(2/26)ようやくリハビリ専門施設(介護老人保健施設)へ移る事が出来ました。
今回の施設へ移るまでにもう一軒、リハビリ専門病院へも転院していました。

貧血で入院していた病院から治療が終わったので退院か転院してほしいとの話があってから
次の病院や施設に移る手続きなどに長く長く待たされ
(提出しなければならない診断書を作るのに1ヶ月も待たされました)
移るとなったら「明日転院して下さい」とのいきなりの連絡を受け、てんやわんやでした。

なんとかリハビリ専門の病院へ転院したとたん、
すぐに次のリハビリ施設の受け入れが可能になったから
1週間後に移ってくれ...との連絡。
これまたてんやわんやでした。

始めの病院で母は寝たきりになってしまったため
錯乱や痴ほうなどいろいろな事がありました。
(入院前は全くなかった)
病院側は貧血の治療が終わったため
次に移ってくれと言うのですが非常に弱った母を見ると、
リハビリなど受けられるのか?と疑問に思った日もあり不安を抱える日々でした。

この病院ではたいしたリハビリはなかったのですが
それでもベットから降りて立ち上がる練習をしたり歩く練習を始めると
頭がハッキリしてくるのです。
一回目の転院で転院したその日と次の日はリハビリを受けなかったのですが
とたんに軽い痴ほう状態が出てきてしまいました。
転院先でリハビリが始まると正常な状態に戻るのです。

リハビリの重要性を強く感じました。
歩くという行為がとても大事なのです。
動く事が出来ない、動かせない症状や病状の方は
リハビリを受けたくても受けられないでしょう。
うちの母の場合は他に疾患がないため
受ける事が出来たのです。


今回移ったリハビリ施設(老健)は病院と違って
明るくゆったりとした作りになっています。
食事の際は食堂に行きますしおやつも出ます。
1日の流れが決まっているので
普段の生活へ戻るためのリハビリを受ける施設になっています。
母も少しずつ施設での生活に慣れてきたようです。
どこまで回復するか、家での生活に戻れるかは未知数ですが
まずは3ヶ月、母には頑張ってほしいと思っています。



ハチとピコ。


この間記録的な大雪が2回も降ったり(東京は27cmの積雪だった)
この冬は気候も生活もかなり辛い期間となってしまいました。

相変わらず留守番が多い日々ですが
我が家のわんにゃんズは元気にしてくれています。

家族たちは皆よれよれですが
ようやくここまできたので少しホッとしています。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

みゅとがり

Author:みゅとがり
タラ(犬) 推定5才 
ボーダーコリー 
男の子 元保護犬
2010年6月20日千葉県から我が家に迎えました
5代目のワンコです


ピコ(猫) 推定5才 男の子
2010年4月4日 家の近所で保護しました

わんにゃん

ピコ 推定5才 男の子 元地域猫 2010年4月4日 家の近所で保護しました。

ナーナとハチ 推定6ヶ月の姉妹 元地域猫 近所で保護・避妊手術をされた後 2010年9月28日 縁あって我が家に迎えました。

マーマ 推定5才 女の子 元地域猫 2012年1月10日 家の近所で保護しました。 ナーナとハチの母猫です。

チャ 推定3才 男の子 元地域猫 2014年4月19日 家の近所で保護しました。

4代目テリ 雑種 男の子 元保護犬 2008年8月5日我が家に迎え2010年5月17日虹の橋を渡りました 享年7才

3代目Q 雑種 男の子 元保護犬 2002年3月21日我が家に迎え2008年8月3日虹の橋を渡りました 享年9才
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
リンク
大きく育ちますように
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。